快適に暮らしたいならRC住宅がお勧め|耐震性にも期待できる

部屋

オリジナリティが出せる

インテリア

新築一戸建て住宅は大きく分けると建売住宅と注文住宅に分けられます。その内、注文住宅にはどのような特徴があるのでしょうか。注文住宅の最大の特徴は自分の望む通りの外装や設備で家を建築できるという点です。文字通り他には存在しない自分だけの家を建築することが出来るので、家に関してこだわりが強い人にはとても最適な一戸建てです。注文住宅はオーダーメイドでの建築になるので、当然大量生産は出来ません。材料も個別に注文することになります。建売住宅に比べると注文住宅は総じて価格が高くなるというのが二つ目の特徴です。自分たちらしさを組みこんで行けば行くほどますます価格は高くなります。また、こちらの要望を聞いてからの建築になるので家の完成まで時間が掛かるというのも特徴です。

注文住宅は、オーダーメイドでの建築になります。一般的には建売住宅よりも高いという認識が多いですが、上手く計画をすれば、不必要な部分を削ることが出来て、大きなコストダウンにつながります。すでに出来上がっている建売住宅とは違い、不要な部分は削減できるのもまた注文住宅の特徴です。例えば、大手のメーカーの場合は廊下や階段の幅をしっかり広めにとってある場合が多いです。ですが、よくよく考えてみると、廊下や階段に複数人数がいっぺんに通行することはそれほど多くはありません。例えば廊下であれば、幅を車いすが通れる幅にしてくださいと依頼すれば、それだけ通常よりもコスト削減になります。また、ぞれぞれの設備をよく検討し、ランクを下げることもするコスト削減には有効です。設備はお金がたまれば必要な部分だけを自分たちでランクアップさせればいいのです。