快適に暮らしたいならRC住宅がお勧め|耐震性にも期待できる

家

メニュー

すぐに入居できる物件

住宅

すぐに新生活を始めることができるのが即入居可能な一戸建ての魅力であり、特に不動産会社が自社開発した物件は高品質です。宝塚市内で快適に暮らせる一戸建てを買うためには、周辺の施設との一体的な開発が行われている地域に注目するべきです。

読んでみよう

オリジナリティが出せる

インテリア

注文住宅の最大の特徴は自分たちの望み通りの自分達だけの家を建築できる点です。オーダーメイドのため、費用は総じて建売よりも高くなります。設備を一つ一つ見直し、不要なものは削減したり、価格の安いものにランクダウンさせれば建築費用をある程度抑えることが可能です。

読んでみよう

オススメサイト

  • 価値ある暮らしを保証するRC住宅のデザイン集

    RC住宅の購入を検討中の人に、是非見て欲しいデザイン!理想のデザインはありますか。一流の施工職人が理想の空間を手掛けてくれます。

堅牢で快適な住宅工法

つみき

住宅工法の種類

大半の人にとって家は一生のうち最も高価で大きな買物となります。誰でも家を購入する際には慎重に検討し、時間をかけて間取りやインテリアなどを決めるものです。中でも最初に直面する問題は、どのような工法で家を建てるかという点にあります。住宅の工法には大きく分けて、木造住宅・鉄骨住宅・RC住宅の3種類があります。このうち木造住宅はさらに木材軸受による在来工法と、北米式のツーバイフォー工法に分けられます。在来工法が家全体を柱で支える構造となっているのに対し、ツーバイフォー工法は面で支える構造という違いがあります。鉄骨住宅にも軽量鉄骨と重量鉄骨の違いがあり、前者は鉄骨の厚さが6ミリ以下です。木造住宅の柱を鉄骨に置き換えた工法とも言えます。これに対してRC住宅は鉄筋コンクリート造りのことで、合板の型枠にコンクリートを流し込んで作られる工法です。鉄骨の柱や梁が露出するラーメン構造と、露出しない壁式構造とに分けられます。それぞれの工法にメリットとデメリットはありますが、総合的に見た場合の安定度ではRC住宅が最も高いと言えます。鉄筋コンクリートの課題だった居住性も、24時間換気システムで解決できるのです。

保険料に有利な工法

木造住宅にも建築費用が安い点や吸湿性・快適性といった点に長所はあります。一方でRC住宅は、木造住宅と比べて耐震性・耐火性など有利な点が少なくありません。住宅工法としては最も強度に優れることから、RC住宅は木造住宅の倍以上の耐久年数を持つと言われているのです。火災保険や地震保険の保険料でもRC住宅は木造住宅の半分以下、場合によっては3分の1で済むこともあります。建築費用の安い木造住宅は初期費用こそ低いですが、長期的な視点に基づくランニングコストではRC住宅が有利なのです。万が一の災害に対しても堅固な造りのRC住宅なら安心です。最近の木造住宅も耐震性が向上していますが、RC住宅は地震の揺れが建物全体に分散される構造をしています。そのため家具なども倒れにくく、最も地震に強い住宅だと言うことができるのです。火災の際にも鉄筋コンクリートは1000度の熱に耐えてくれます。道路沿いの環境では防音性の高さも快適な暮らしの一助となるに違いありません。湿気の多い日本の気候には、木造住宅が最も適していると言われてきました。換気システムの改善を背景に、強度と快適性を兼ね備えたRC住宅を選ぶ人が増えています。

満足のいく住宅を建てる

男性

理想の一戸建てを建築するためには、建売住宅を購入するよりも注文住宅を建築する方が希望を叶えることができます。注文住宅を建てる場合でも、満足のいくものを建てるためには、十分に施主側の意見をハウスメーカーに伝えることが大切です。

読んでみよう